いま、『協同』が創る2014全国集会 公式ウェブサイト



開催時間:10:00〜15:30

※ただし19,20,21の移動分科会は集合時刻がそれぞれ異なりますのでご注意下さい。



01

高齢者が地域で活躍するコミュニティケアの創造へ


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


2015年度の介護保険制度改正から新たに地方行政の役割が増えてくる。超高齢社会から認知症や高齢者の孤立等の課題は大きい。公的制度の枠を超えて高齢者自身や地域全体が支え合う「コミュニティケア」の実践や新たな仕組みを考える。


[基調講演] 板垣 淑子(NHK大型企画開発センター チーフ・プロデューサー)


10:00-15:30

会場 アクロス福岡
02

生活困窮者支援制度を焦点に


~孤立と分断、排除を超えて、ともに生きる、ともに働く地域を創る~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


2015年度からはじまる「生活困窮者自立支援法」について、これまで取り組まれてきた多様な実践と見えてきた課題を共有し、社会的孤立や生活困窮状態を生まない地域づくりへの一歩を探る。


10:00-15:30

[基調講演] 本間 貴明(厚生労働省社会援護局地域福祉課課長補佐)


会場 アクロス福岡
03

生きるって?働くって?


~私たちの人生は、これからもっと楽しくなる~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


ぼんやりとした将来への不安や悩みに、自分でちゃんと向き合えていますか?すぐに結論は出ないことだけど、同じ不安を抱えたもの同士で、自分の未来について考え、語り合ってみませんか?私たちなりに、“働く”ことについて考え、生きる参考にする。そんな若者の若者による若者のための分科会。


10:00-15:30

※調整中(9月22日現在)


会場 アクロス福岡
04

成長なき「人口減少社会」に持続可能で豊かな地域社会を創る


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


島根県や熊本県などでは、20年くらい前から、若者たちが農山村に移り住み次の時代を拓いている。全国の農山村に広がるこうした実例に触れながら、持続可能で豊かな地域社会を考えあう。


10:00-15:30

[基調講演] 坂本 誠 (全国町村会総務部調査室 室長)


会場 アクロス福岡
05

東日本大震災からの復興を人間復興のコミュニティへ


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


東日本大震災から3年を踏まえて、被災地で復興活動している市民の取り組みや今後必要な展望など、将来を見据えた人間復興(自立に向けた活動)を考える。


10:00-15:30

[基調講演] 赤坂 憲雄 (学習院大学文学部教授/福島県立博物館館長)


会場 アクロス福岡
06

あなたの≪意志あるお金≫でくらしと社会を変える


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


世の中のお金の流れは貧困や兵器などを生んでいる現実がある。その一方で≪意志あるお金≫の流れは、私たちの暮らしと社会を豊かに変えることができる。その可能性を実践から探る。


10:00-15:30

[基調講演] 鬼丸 昌也 (認定NPO法人テラ・ルネッサンス 理事・創設者)


会場 アクロス福岡
07

どうなるTPP!私たちの食・医療・暮らし


~危ない自由貿易協定の罠~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


『米国の企業利益の為なら命や健康を守ることも一切許さない』という環太平洋パートナーシップ協定(TPP)をめぐる問題が急速に浮上する中、私たちの暮らしや命について真剣に考えてみませんか。本分科会では韓米FTAによる韓国の現状からも検証してみたい。


10:00-15:30

[基調講演] 鈴木 宣弘 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)


会場 アクロス福岡
08

日韓社会的経済プラットフォームづくりに向けて


~当事者市民が仕事をおこし地域をつくる社会的経済とは~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


社会的経済の担い手である日本のワーカーズコープ協同組合、韓国のソウル市社会的経済課、自活企業、韓国労協連が分科会を通じ、仕事おこし、地域づくりを「就労すること」を中心テーマに据えて交流する。


10:00-15:30

【コメンテーター】
北島 健一 (立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科教授)
キム ジョンウォン(自活政策研究所 所長)


会場 アクロス福岡
09

沖縄・水俣・福島をつなぐ、国策に翻弄されない市民主体の地域社会を創る


~国策に翻弄されない市民主体の地域社会を創る~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


いま、沖縄では米軍基地の辺野古移設を契機に、基地に依存した地域経済からの脱却の声が高まっている。同様に、経済優先の国策により地域が分断され、生活を奪われた水俣・福島の実相もあぶり出し、地域を再生する人々の自給経済と仕事おこしの実践に触れる。


10:00-15:30

【記録上映映画】 「獅子たちの抵抗~国策の強制に抗う人々」「水俣での20年」


会場 アクロス福岡
10

障がいのある人々が共に創り出す共生社会


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


障がいを持つ当事者が主体者となり共に支え合い、社会参加する地域づくりを目指すために、社会全体で相互に人格と個性を尊重し合う共生社会づくりを考える。ワールドカフェ方式で語り合います。


10:00-15:30

【ファシリテーター】
廣水 乃生 (コミュニティファシリテーション研究所 所長)

会場 西鉄イン福岡
11

労働の破壊を許さず、人間らしい労働の創造へ


~働く喜び、生きる喜びを地域から創る協同労働の可能性~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


生命をすりへらす労働破壊、商品化、奴隷化を許すな!働く喜びや生きる喜びをもう一度考えあい、人間らしい労働の未来を創造する為に何が必要なのか。市民が主体者となって働く「協同労働」にも焦点をあて、新しい働き方を考える。


10:00-15:30

【基調講演】 山本 幸司 (労働者福祉中央協議会 副会長)


会場 西鉄イン福岡
12

市民の力で自給・循環する地域づくりへ


~菜の花・BDF(バイオディーゼル燃料)の取り組みが地域の未来を創る~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


菜の花や、養蜂、BDF(バイオディーゼル燃料)の取り組みが全国で広がり市民の関心が高まっている。地域の中で生まれている自然や新しい環境エネルギー等の実践から学び、どのように広げ、また循環していくのかを考えあいます。


10:00-15:30

【基調講演】 末松 広行 (農林水産省関東農政局局長)


会場 エルガーラホール
13

平和なアジアを市民連帯の力で創る


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


東アジアにおいて日本の玄関口である九州・沖縄。緊張高まる東アジア情勢も踏まえ、地域での継続的な平和運動や、集団的自衛権、憲法改正問題等にも触れ、市民連帯の力で平和なアジアを創るために何が求められているかを問う。


10:00-15:30

【基調講演】 椛島 敏雅 (福岡南法律事務所 弁護士)


会場 エルガーラホール
14

遊休施設を活用した市民主体のまちづくり・仕事おこし


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


廃校や空き店舗、空き家などの増加に伴い、その有効活用は重要な地域課題の一つになっている。「まちづくり」の視点から、市民の主体的な関わりと、繋がりの力を生み出す場所として遊休施設の活用をみんなで考える。


10:00-15:30

【基調講演】 小林 和彦 (NPO法人 やんばる地域活性サポートセンター)


会場 エルガーラホール
15

笑いが創る共生・協同の社会を目指して


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


“笑い”が社会を元気にする仕組みとは何か?競争と孤立無援社会が蔓延する中、“笑い”から人と人がつながり、健康で明るい共生・協同社会を創る。“笑い”の実践と交流、“笑い”を通じた地域活動も促していく。


10:00-15:30

【基調講演】 小ノ上 マン太朗 (笑いの研究者/NPO法人 博多笑い塾 理事長)


会場 エルガーラホール
16

子ども若者の困難を超える地域づくり


~‘生きる’をマモリ、‘生きる’をツタエル~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


子ども若者を覆う困窮問題・格差の拡大など現状を知り、子ども若者の背景をそのまま受け止め、子ども若者をケアすることと彼ら彼女らが生きていく地域の在り方を考える分科会。


10:00-15:30

【基調講演】 河浦 龍生 (福岡市こども緊急支援課課長)


会場 福岡市中小企業振興センター
17

人生80年時代の食と農と福祉


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


人生80年時代と言われる中、高齢期の生き方、食べ方、暮らし方、働き方、つながり方そして看取りまで、食と農と福祉を基礎にした人づくり地域づくりの実践を学び合う。


10:00-15:30

【基調提起】 徳野 貞雄 (熊本大学文学部地域社会学教授)


会場 福岡市中小企業振興センター
18

子ども若者が地域再生・まちづくりの主体に


~生命あふれ、一人ひとりが輝く未来を~


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


子ども若者が主体者となって地域再生の取り組みが全国で始まっている。子ども若者が描くこれからの地域社会は?また、困難を抱えながらも協同連帯の力で立ち上がり前に向かう主体者としての取り組みを語り合う。


10:00-15:30

【コメンテーター】 岡 幸江 (九州大学院人間環境学研究院教育学部門社会教育学准教授)


会場 福岡市中小企業振興センター
19

自然と里山を活かした地域づくり、人づくり


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


里山や自然の実態から、それらを活かした新しい地域社会づくりの実践を学び、九州・沖縄での「里山主本主義」をどう描いていくのかを考えあいます。
※午前中フィールドワーク、古野農園・JA直鞍直売所視察・野の実会で食事


10:00-15:30

【コーディネーター】 青木 宣人 (西日本アウトドア協会・遠賀川源流サケの会・フィールドウォッチ研究所)


会場 移動分科会~福岡県飯塚市
20

“死の海からの復活”洞海湾の軌跡を知ろう!


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


“死の海”と異名をとった北九州市洞海湾の大気汚染や水質汚染に対し、地域の婦人会が立ち上がり、住民運動により行政・企業を動かし、洞海湾の再生へと導いた。環境保全活動の歴史から学び、市民主体の環境保全社会づくりの展望を考える。
※午前中洞海湾視察、北九州市環境ミュージアム見学


10:00-15:30

【基調講演】 上田 直子 (北九州市立大学国際環境工学部環境生命学科教授)


会場 移動分科会~福岡県北九州市
21

農を通して、自然と人間のつながりを見つめ直す


[キーワード] 労働 格差社会 福利厚生


“農”から育まれる“自然”と“人間”のつながりとは何か。糸島での“農”をはじめとする活動からグローバル化時代の先を見据え、自然や人間が主体となる新たな地域づくりを模索する。
※昼食前フィールドワーク、地域産業まつり見学
※午前中洞海湾視察、北九州市環境ミュージアム見学


10:00-15:30

【基調講演】 宇根 豊 (農と自然の研究所 代表)


会場 移動分科会~福岡県糸島市
※2014年10月6日改訂版
コメンテーター・コーディネーター・パネラー等は都合により変更される場合がございますのでご了承ください。(敬称略)





Copyright(C) 2014 Kyodo2014 All Rights Reserved.